Marimo、お前はただの藻だ!十勝の鱒釣りにあこがれた藻がこの地をを漂って早3年。北海道の鱒と自然を追いかける日々の記録。


by sctchmst

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

カテゴリ

全体
フライフィッシング
自然
登山
連絡事項
未分類

以前の記事

2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月

画像一覧

フォロー中のブログ

鱒や Photo Dia...
ultreya blog
森のフィッシュ魚ッチング
gooseな日々
negakalista
Life with th...

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

釣り
日々の出来事

記事ランキング

ファン

晩秋のサイトの釣り

2013年11月3日(土)

山奥の川に到着したのは11時頃。朝から降り続いていた冷たい小雨はちょうど止み、雲の間からわずかに陽が差し込む。高い土手から川を覗くと45センチほどの鱒が岸際の反転流でしきりにライズしていた。

e0266134_19115719.jpg





準備をする間、その鱒をじっくり観察したところ、反転流から離れることなく、立ち泳ぎのように水面を見ながらクラスターを吸い込んでいた。そのゆっくりした動作からは全く疑いが感じられない。

これはもらった!と確信する自分。

周りの地形と鱒の位置を確認し、10メートルほど上流から静かに近づく。
しかし次の瞬間僕は唖然とする。

足下からゆっくりと逃げ去る大きな影(50台は確実)。(*゚Д゚*)ェ…
さすがへっぽこフライマン!詰めが甘いのはいつものことか。

気を取り直し、手持ちのフライで一番質感が近かったクリーム色の#14スペントカディスを流す。しかし反応はなくこの場所からは魚影が見えない。数秒がとても長く感じられ、フライを流したレーンが正しかったか疑問を抱き始めた時、静かにフライが飲み込まれた。



e0266134_2034361.jpg
47センチ ダメージをうけていた鰭は回復するだろうか



この後もしかしてと先刻のポイントをダブルニンフで探るが反応無し。自分には十分すぎる結果に満足し、残りの時間は他の区間を探索するため移動。

次に見つけた大場所は大きく長いプールだった。せり出た木に登って観察すると60クラスを発見。
しかし2回のミスキャストでスプーク。

今の僕には獲れる魚じゃないと確信し、何故かすっきりとした気分で終了。

帰り際、幼なじみの好きだった「ただひたすらに、ただひたむきに」という言葉を思い出した。この先、壁にぶつかったとしても、あせらず情熱をもって挑み続けたいと思います。




[PR]
by sctchmst | 2013-11-04 21:09 | フライフィッシング