Marimo、お前はただの藻だ!十勝の鱒釣りにあこがれた藻がこの地をを漂って早3年。北海道の鱒と自然を追いかける日々の記録。


by sctchmst

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

カテゴリ

全体
フライフィッシング
自然
登山
連絡事項
未分類

以前の記事

2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月

画像一覧

フォロー中のブログ

鱒や Photo Dia...
ultreya blog
森のフィッシュ魚ッチング
gooseな日々
negakalista
Life with th...

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

釣り
日々の出来事

記事ランキング

ファン

釣れない日常

3月19日(水)

この日の最高気温は5℃、陽気に誘われてつい出掛けてしまう。今回もまた春に向けて新規ポイント開拓。川に到着してみると少し濁りがあり、鱒の活性も上がる良い状況。

e0266134_23324465.png




ところが!ーお察しの通り、釣れません。上の写真の頭の赤い先行者二人組がいたので、ちょっと遠巻きして下流に出ます。他にもこの時期、小鳥や水鳥、オオワシ、オジロワシ等を見ることある。まるっきし釣れない僕を動物たちが癒してくれるのだが、どうも最近、自然観察しかしてないような。

しばらく釣下ると、川岸が10m程の崖となっています。火山灰の地層なのかなーと思いながら歩いていた時、ふと気になったのがこの丸い石。何だかわかりますか?
e0266134_23565188.jpg


答えは貝の化石です。子供の頃、近所の川で化石を拾って遊んでいたので、何となく化石の入っている石は質感でピンとくるようです。昔むかーしのアサリなんでしょうか?

e0266134_041148.jpg

帰りは車まで農道をひたすら歩く。釣りをしていると「あそこなら魚が居るかも!」と時間を忘れて歩いてしまうから、毎度そのツケが帰りに回ってきてつらい。

幸い、近くに民家はなかったから大声で歌いながら帰った。




[PR]
by sctchmst | 2014-03-20 07:03 | フライフィッシング